伊勢神宮の式年遷宮について

スポンサーリン ク

伊勢神宮の式年遷宮について

伊勢神宮 外宮 正宮 遷宮 

伊勢神宮の”式年遷宮”の始まりは690年です。

 

その後戦国時代に中絶しましたが、約1300年続けられています。

 

本当に歴史の流れというものを感じます。

 

前回は平成5年に行われ、今年の式年遷宮で第62回目を迎えます。

 

 

今回、神宮の建物(正殿や御垣内)を新しく建て替えるとともに場所を遷し、さらに殿内の宝物(御装束や神宝)も新調されます。

 

建物の様式や装束の色形、祭典の形式などのすべてが、古式のまま継承されてきました。

 

 

今回の遷宮の準備は平成17年から始まっています。

 

内宮、外宮の両正宮と14の別宮で遷宮の大祭が催されることになります。

 

神宮にとって、遷宮はその永遠性を実現する大いなる営みです。

 

したがって、遷宮は最も重要なお祭りの1つとなっているのです。

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「 伊勢神宮 遷宮の日程 」

ホーム

 

 

スポンサーリン ク