伊勢神宮におけるお手水の作法

スポンサーリン ク

伊勢神宮におけるお手水の作法

お手水は手水舎で行います。

 

内宮には、御手洗場(みたらし)がありますので、こちらでも行うことができます。

 

神様にごあいさつする前に、身を清めなければなりません。

 

お手水をすることによって、手と口を清めます。

 

このお手水には作法があります。

 

しっかりと理解し、正しく行ってください。

 

 

手水 手水舎

 

お手水 左手を清める!

ひしゃくを右手で持ち、たっぷりの水を汲み、左手を洗ってください。

 

お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく


 

 

お手水 右手を清める!

次に右手で持っていたひしゃくを左手に持ち替え、右手を洗ってください。

 

お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく


 


             お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく                          お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく

 

お手水 左手を清める!

再度左手を洗ってください。

 

 

 

お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく


 

 

 

お手水 口を清める!

もう一度ひしゃくを右手で持ち、左手で水を受けて口をすすいでください。

 

お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく


     

             お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく                          お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく

 

ひしゃくの柄を清める!

最後にひしゃくを立てて残った水でひしゃくの柄を洗い、ひしゃくを伏せて元の位置に戻します。

 

お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく


 

 


お手水,手水舎,御手洗場,伊勢神宮,ひしゃく

 

上の行為は、ひとすくいのひしゃくの水で行ってください。

 

直接ひしゃくに口をつけないでください。

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「 お参りの作法 伊勢神宮編 」

ホーム

 

 

スポンサーリン ク