出雲大社での参拝の順

スポンサーリン ク

お参りの基礎知識 出雲大社編

出雲大社での参拝の順

 

参拝の順は意外と知られていません。

 

特に車で訪れ、出雲大社の西側にある大駐車場に止めると、手水舎より前の場所に行かれない方が多いです。

 

出雲大社の駐車場に止めると、神楽殿などとは反対の方向に向かわなければならないからです。

 

木の鳥居から参拝を始めるのが正しい方法です。

 

木の鳥居からスタートしましょう!

 

 

>>出雲大社境内マップ<<

 

 

 

 

出雲大社 木の鳥居 参拝

 

出雲大社への入り口となる鳥居です。

 

木の鳥居は一の鳥居ではなく、二の鳥居です。

 

一の鳥居は宇迦橋にある大鳥居です。

 

高さが23mもある国内最大級の鳥居です。


 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 祓社

 

木の鳥居を抜けると、神社ではあまり見ない下りの参道になっています。

 

参道を少し歩くと、祓社が右手にあります。

 

祀られている四柱の祓井神(はらいどのかみ)が、参拝者の身を清めてくださいます。

 

 

 


        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 鉄の鳥居

 

三の鳥居です。

 

祓橋のところに鉄の鳥居があります。

 

ここを抜けると松の参道に入ります。

 

 


 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 松の参道

 

 

参道の両脇には見事な松が植えられています。

 

松の樹齢は何百年にもなるようです。

 

本殿に向かって左側に”御慈愛の御神像”が、右側に”ムスビの御神像”があります。

 

 

出雲大社 松の参道

 

 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 手水舎

 

 

”てみずや”とも読みます。

 

ひしゃくで水を汲み、左手と右手、口を清めます。

 

伊勢神宮と同じです。

 

お手水の作法」を参照してください。

 


 

出雲大社 手水舎

 

 

出雲大社 手水舎

 

 

 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 銅の鳥居

 

 

四の鳥居です。

 

日本で最も古い青銅の鳥居です。

 

出雲大社関連の鳥居は全部で4つあります。

 

出雲大社 銅の鳥居

 

 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 御仮殿

 

 

遷宮が終了するまでは、大国主大神が仮にお住まいになっています。

 

お参りをする時は、「二拝四拍手一拝」リンクが基本です。

 

お参りの作法」を参照してください。


 

出雲大社 御仮殿

 

 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 十九社

 

 

旧暦の10月に、全国各地の神々が出雲大社に集まって来られます。

 

十九社は、集まって来られた神様が宿泊される場所になっています。

 

本殿を挟んで両方に1つずつ建てられています。

 

この月は、一般的に”神無月(かんなづき)”と呼ばれますが、出雲では”神在月(かみありづき)”と言われています。


 

出雲大社 十九社

 

 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 素鵞社遥拝所

 

 

素鵞社が遷宮終了までお参りすることができないので設置されています。

 


 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 神楽殿

 

 

日本一大きな注連縄です。

 

長さが13m、重さが5tというから驚きです。

 

主に御神楽や御祈祷などが行われています


 

出雲大社 神楽殿

 

 

        伊勢神宮 参拝

 

 

出雲大社 参拝 御守所

 

 

 

お守りやお札、おみくじはこちらで!


出雲大社 御守所

 

 

参拝には、約70分〜80分かかります。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「 お参りの作法 出雲大社編 」

ホーム

 

 

スポンサーリン ク